<< しんぐるまざあず・ふぉーらむ沖縄通信 2017年6月 | main | しんぐるまざあず・ふぉーらむ沖縄通信 2017年8月 >>
しんぐるまざあず・ふぉーらむ沖縄通信 2017年7月

みなさん 
こんにちは。しんぐるまざあず・ふぉーらむ沖縄 
メルマガ担当のモリタです。 

 

さて、夏本番な日差しが日々続いております。
体調等に気を付けていきましょうね。

 

こども達も夏休みに向けてカウントダウンが始まっている頃ですね。
昨今では夏休みの子ども達の居場所や取り組みも増えてきました。
みなさまの地域ではいかがでしょうか?

私の娘も夏休みは部活の遠征、合宿、塾の夏期講習と盛りだくさんな予定です。
親としては財布が悲鳴をあげてますが…

 

今日もがんばっていきましょう!!


■目次 
1、7月のおしゃべり会のお知らせ 
2、ひとり親家庭の貧困の解決を求める声明
3、【イベント案内】沖縄子どもの未来県民会議 地域円卓会議
4、株式会社サンシャイン様よりゆいまーる寄付金をいただきました

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 

1、7月のおしゃべり会のお知らせ 

離婚・面会交流・仕事・子育て・ひとりで出産・・などなど悩んでいることありませんか 
シンママ(プレシンママ)どうし、一緒におしゃべりしましょう! 
先輩シンママがじっくりお話を伺い、アドバイスをさせていただきます。 

さらに、現在、企業さんから寄付して頂きました無添加メイクセットをプレゼント! 
(口紅、アイシャドウ、かかとツルツル) 

【宜野湾】 
日時:7月22日(土)14:00〜16:00 
場所:人材育成交流センターめぶき2階(志真志1-15-22) 

【那覇】 
日時:7月23日(日)14:00〜16:00
場所:若狭公民館 実習室(若狭2-12-1)
※車でお越しの方
駐車場は那覇久米郵便局近くのコインパーキングのご利用をおすすめします。

☆対象 
県内在住のシングルマザー(プレシングルマザーでもOK) 

☆託児 
無料(専門スタッフへ依頼する為、2日前の事前予約が必要です) 
※お子様用に水分、軽いおやつを持参下さい。 

☆申し込み 
info@smf-okinawa.org 宛てにメールをください!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

2、ひとり親家庭の貧困の解決を求める声明
相対的貧困率の発表を受けてシングルマザー全国連絡協議会として声明を発表しました。

 

2017年6月29日

シングルマザー全国連絡協議会
しんぐるまざあず・ふぉーらむ北海道
NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ・福島
NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ
NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ・関西
NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ・福岡
しんぐるまざあず・ふぉーらむ出雲
シングルマザー交流会(松山)
しんぐるまざあず・ふぉーらむ沖縄
(連絡先 info@smf-okinawa.org)

 

6月27日、厚生労働省は2016年国民生活基礎調査の結果に基づく相対的貧困率を発表した。
日本の相対的貧困率は前回(2013年)調査よりもよりも0.5ポイント減少し15.6%となった。さらに子どもの貧困率は13.9%と2.4%改善した。またひとり親家庭の貧困率は下がりはしたものの、依然として50%を超え50.8%となっている。
ひとり親家庭の貧困率がいまだに50%を超えていることは、深刻な問題である。母子世帯のうち生活が苦しいと答えている割合は実に82.7%である。また稼働所得は増えたものの貯蓄がないと答えている母子世帯は37.6%と高い。全体の改善の中で、ひとり親家庭の状況の変化がわずかなのはなぜなのか。

 

私たちは日々の相談の中で、経済的な困難と孤立にあえいでいるひとり親と子どもたちの声を聞いている。
ひとり親家庭の苦境の要因について、わたしたちは日本社会の構造の問題がもっともひとり親家庭に過酷に作用している状況が長期間続いていると考える。
それは
|暴の賃金格差が大きく、特に子どもをもつ女性の賃金が低いこと、長時間労働が当たり前の社会で仕事と子育てが両立しにくくひとり親家庭は非正規で働かざるを得ないこと。

∋勸蕕董⊇斬陝教育などの費用の負担がひとり親家庭には重い負担となること。

社会的に孤立し情報もなく支援が得られていないひとり親が多いこと。
これらの解決には社会の変革が必要だ。
だが、それを待ってはいられない。政府は、2013年に成立した「子どもの貧困対策法」に基づき、様々な施策を実施している。その努力は認めるものの、残念ながら不十分である。思い切って、ひとり親家庭に絞った児童扶養手当など現金給付の拡充をさらにもう一度検討すべきではないか。生活保護規準の中で、母子加算の廃止の意見もあるが、それが可能な状況ではない。さらに子育て教育費住宅の費用を社会で負担していくべきである。
そして、非正規で働く人々の稼働所得を上げるには、より大幅な最低賃金の引き上げを検討すべきだ。
未来のある子どもたちとひとり親の状況を改善することは、ほかの人々に無縁のことではなく、すべての人々の働きやすさや、子育て教育住宅など暮らしの改善につながる。そのような社会の変化を、わたしたちは望んでいる。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

3、【イベント案内】沖縄子どもの未来県民会議 地域円卓会議
うるま市でも地域円卓会議を開催します!\(^^)/
沖縄の経済的貧困からくる子どもの孤立について客観的な現状を共有し、子どもやその保護者の社会的孤立を防ぐには、地域や民間団体で何ができるのか、7/11 那覇市ぶんかテンブス館での地域円卓会議に続き、うるま市でも議論します。
入場無料!どなたでも参加できます!お気軽にご参加ください♪
詳しくはこちらをご覧ください↓↓
http://www.pref.okinawa.jp/site/kodomo/kodomomirai/kenminkigientakukaigiurumashi.html

 

◆開催日時:2017年7月19日  (水) 18時30分〜21時00分  (受付開始:18時00分〜)
◆場所:うるま市役所 3階大講堂(うるま市みどり町一丁目1番1号)
◆費用:無料
◆申込方法:参加費は無料です。どなたでも、この円卓会議を会場でお聞きいただくことができます。
ご希望の方は、お名前・ご所属、ご連絡先(メールアドレス)を添えて、メール・FAXでお申し込みください。 
e-mail:office@machiwaku.com
TEL&FAX:098-861-1469

テーマ:沖縄の経済的貧困からくる子どもの孤立に対して、地域と民間団体は何ができるのか
今回の地域円卓会議では、沖縄の経済的貧困からくる子どもの孤立について客観的な現状を共有し、子どもやその保護者の社会的孤立を防ぐには、地域や民間団体で何ができるのか議論します。

 

■タイムテーブル(予定)
18:30 オープニング 〜あいさつ〜
18:35 地域円卓会議について
18:45 【論点提供】沖縄の経済的貧困からくる子どもの孤立に対して、地域と民間団体は何ができるのか
18:55 セッション機雰鷭仞兵埔匆陝
20:00 サブセッション(会場全体で意見交換)兼 休憩
20:30 セッション供,泙箸
21:00 円卓会議 終了予定
21:15 交流会

 

■着席者
・論点提供 川満 孝幸 氏(沖縄子どもの未来県民会議) 
・堀川 愛 氏(一般社団法人沖縄県子ども総合研究所所長)
・山城 康代 氏(みどり町児童センター館長)
・川端 登 氏(うるま市こども部こども未来課長)
・黒田 華 氏(琉球新報社編集局文化部記者)
・島尻 裕巳 氏(沖縄県中小企業家同友会事務局長)

主催:沖縄県、沖縄子ども未来県民会議
協力:公益財団法人みらいファンド沖縄
   NPO法人まちなか研究所わくわく
司会進行:平良 斗星氏(公益財団法人みらいファンド沖縄副理事長)
記録者:宮道 喜一氏(NPO法人まちなか研究所わくわく事務局長)
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

4、株式会社サンシャイン様よりゆいまーる寄付金をいただきました

ジャンボ・サンシャイングループ様は、県内で活動されている「NPO法人・ボランティア団体・学校・福祉団体」などに対し、その活動のお手伝いとして寄付を行ってくれています。
 「ゆいま〜る」プロジェクトは、その寄付先をお客様に選んでいただく、お客様参加型の社会貢献活動です。
詳しくはこちらからどうぞ
http://www.yuimaru.jp/

株式会社サンシャイン様ありがとうございます!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

カテゴリ:- | 11:17 | comments(1) | trackbacks(0) | -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2017/12/08 6:51 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://smf-okinawa.org/trackback/172
トラックバック