<< しんぐるまざあず・ふぉーらむ沖縄通信 2017年3月 | main | しんぐるまざあず・ふぉーらむ沖縄通信 2017年5月 >>
しんぐるまざあず・ふぉーらむ沖縄通信 2017年4月

みなさん  
こんにちは。しんぐるまざあず・ふぉーらむ沖縄  
メルマガ担当のモリタです。  
 
新年度を迎え、新入生・新社会人などが緊張の面持ちで日々過ごしている頃かと思います。 
我が家では長女が中学3年生となり受験生となります。 
思春期の難しい年頃の娘と進路という難しいテーマに向き合うタイミングです。 
 
また、高校に進学に向けて貯金もしなくては・・・と親としての悩みも抱えます。 
 
高校進学時には「就学支援金」や「奨学給付金」等の様々なサポートもあります。 
今回のメルマガにも紹介していますが、まだ知られていないサポートも多くあります。 
お近くに該当者や可能性のあることがいれば、共有をお願いします! 
 
それでは、今月もよろしくお願いします! 
 
■目次  
1、4月のおしゃべり会のお知らせ  
2、沖縄こども未来プロジェクト シンポジウムご案内  
3、就学援助を小学校入学3ヶ月前に支給可能に 
4、【文科省からお知らせ】返済不要の給付型奨学金について 
 
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-  
 
1、4月のおしゃべり会のお知らせ  
 
離婚・面会交流・仕事・子育て・ひとりで出産・・などなど悩んでいることありませんか  
シンママ(プレシンママ)どうし、一緒におしゃべりしましょう!  
先輩シンママがじっくりお話を伺い、アドバイスをさせていただきます。  
 
さらに、現在、企業さんから寄付して頂きました無添加メイクセットをプレゼント!  
(口紅、アイシャドウ、かかとツルツル)  
 
【宜野湾】  
日時:4月22日(土)14:00〜16:00 
場所:人材育成交流センターめぶき2階(志真志1-15-22) 
 
【那覇】  
大変申し訳ありません。今月の若狭公民館はお休みさせていただきます。来月は5月28日を予定しております。  
 
☆対象  
県内在住のシングルマザー(プレシングルマザーでもOK)  
 
☆託児   
無料(専門スタッフへ依頼する為、2日前の事前予約が必要です)  
※お子様用に水分、軽いおやつを持参下さい。  
 
☆申し込み    
info@smf-okinawa.org 宛てにメールをください!
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*...
2、沖縄こども未来プロジェクト シンポジウムご案内 
沖縄こども未来プロジェクトは、2017年度の事業として、従来の団体支援に加え、 
小中学校の新入生に対する「入学応援給付金」(仮)を実施しています。 
同プロジェクトの運営委員や支援団体などから、入学時のランドセルや制服、学用品など入学経費がかなり高騰していることや 
就学援助の時期が遅いなどの声が多く寄せられたことから、運営委員会で入学応援給付金の実施を決めたとのこと。 
シンポジウムでは、入学時にかかる費用の実態や公的な就学援助の状況などについて課題を掘り下げ、 
困窮世帯の子どもたちに対する支援を呼び掛ける場となっています。 
 
 
▽日時   2017年4月23日(日)午後1時30分〜4時 
 
▽場所   タイムスホール(那覇市久茂地2−2−2、タイムスビル3F)) 
 
▽基調講演 小河 光治氏(公益財団法人あすのば代表理事) 
 
▽パネルディスカッション 
・コーディネーター 
山内優子氏(沖縄子どもの貧困解消ネットワーク共同代表)、 
・パネリスト 
小河光治氏 
森田好美氏(子ども応援団 笑びん代表) 
秋吉晴子氏(しんぐるまざあず・ふぉーらむ沖縄代表) 
喜舎場健太氏(沖縄県子ども生活福祉部こども未来政策課課長) 
 
▽参加人数  350人 
▽主催 沖縄タイムス社 
▽後援 沖縄こどもの未来県民会議(予定) 
▽申込 沖縄タイムス社総合メディア企画局経営企画部098−860−3537
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-  
3、【就学援助が小学校入学3ヶ月前から支給可能になります】 
沖縄県全県で実施するよう県に要望しましょう! 
 
-----(以下、読売新聞より)------ 
文部科学省は、ランドセルの購入など小学校入学準備を支援するため、低所得世帯向けの就学援助を入学前の3月以前に支給できるようにする方針を固めた。 
 近く補助金交付要綱の見直しを市区町村に通知し、2018年度分から実施する。 
子どもの貧困が問題となる中、出費がかさむ入学期の負担を和らげる狙いがある。  
就学援助は、小中学生がいる低所得世帯に対して、学用品費や給食費、修学旅行費などの費用の一部を市区町村が支給する制度。 
援助により、低所得世帯の約150万人の児童・生徒を支援しており、このうち小学校入学予定のこどものいる世帯への支給が前倒しの対象となる。 
-------------- 
 
◎文科省HP「就学援助制度について」 
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/career/05010502/017.htm 
 
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
4、【「高校生等奨学援助金」高校生にも就学援助があります!】 
住民税非課税世帯と生活保護世帯の高校生には就学援助制度があります。
詳しくは
沖縄県教育委員会のページ
http://www.pref.okinawa.jp/…/shuugakukyuuhukinn20150427.html

しかし、ひとり親家庭のうち、婚姻歴のないひとり親は「寡婦」に該当せず、住民税非課税世帯へのハードルが高いため、対象とならない可能性があります(離婚・死別の家庭では年収約204万円以下で住民税非課税世帯です)。
3月23日付 琉球新報コラム「南風」
http://ryukyushimpo.jp/hae/entry-465701.html

◎新学期を迎える生徒の皆さん、保護者の方々へ 
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/03/attach/1384031.htm 
 
◎全ての学校関係者の皆様へ 
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/29/03/attach/1384032.htm 
 
◎高等教育進学サポートプラン 
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/28/12/__icsFiles/afieldfile/2016/12/26/1380888_1_1.pdf 
 
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

カテゴリ:- | 17:01 | comments(1) | trackbacks(0) | -
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2017/12/02 11:02 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://smf-okinawa.org/trackback/169
トラックバック