<< しんぐるまざあず・ふぉーらむ沖縄通信 2017年2月 | main | しんぐるまざあず・ふぉーらむ沖縄通信 2017年4月 >>
しんぐるまざあず・ふぉーらむ沖縄通信 2017年3月

みなさん 
こんにちは。しんぐるまざあず・ふぉーらむ沖縄 
メルマガ担当のモリタです。 

受験シーズンが終わりに近づき、 
卒業モードの子ども達がいらっしゃる方もいるかと思います。 

何かとお金も掛かるし、生活リズムも変わるタイミングですね。 

先月のメルマガでも紹介した「マムズマート 那覇新都心ストア」では、 
リサイクルの様々な制服を扱っています。 
高価な制服を最大7割引きで販売しているようです。 
成長期の子ども達、しかも毎日着る制服、なるべく安く購入したいものです。 

そんなマムズマートさんですが、まだまだ制服が足りていないようです。 
卒業式が終わり、制服をタンスにしまおうされている方がお近くにいらっしゃいましたら、 
マムズマートさんでのリサイクルをご検討・おススメ下さい! 

それでは、今月もよろしくお願いします! 


■目次 
1、3月のおしゃべり会のお知らせ 
2、チャイルド・ホープ・アクション沖縄(chaoチャオ)旗揚げ円卓会議 
3、【講座情報】シングルマザーとして生きること

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 

1、3月のおしゃべり会のお知らせ 

離婚・面会交流・仕事・子育て・ひとりで出産・・などなど悩んでいることありませんか 
シンママ(プレシンママ)どうし、一緒におしゃべりしましょう! 
先輩シンママがじっくりお話を伺い、アドバイスをさせていただきます。 

さらに、現在、企業さんから寄付して頂きました無添加メイクセットをプレゼント! 
(口紅、アイシャドウ、かかとツルツル) 

【宜野湾】 
申し訳ありません。今月は宜野湾開催はお休みとさせて頂きます。 

【那覇】 
日時:3月26日(日)14:00〜16:00 
場所:若狭公民館 実習室(若狭2-12-1) 

☆対象 
県内在住のシングルマザー(プレシングルマザーでもOK) 

☆託児  
無料(専門スタッフへ依頼する為、2日前の事前予約が必要です) 
※お子様用に水分、軽いおやつを持参下さい。 

☆申し込み   
info@smf-okinawa.org 宛てにメールをください! 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 
2、チャイルド・ホープ・アクション沖縄(chaoチャオ)旗揚げ円卓会議 
当団体も参加しているCHAOの旗揚げとして公開の会議イベントを実施します。 
現在、沖縄全土で取り組んでいる子どもの支援に関心のある方は是非、ご参加下さい! 


「支援団体同士連携しないと子どもの貧困は解決しないのではないか」 
<論点提供者>横江崇氏(弁護士,NPO法人子どもシェルターおきなわ理事長,CHAO代表) 

今年度、沖縄県における子ども若者分野には、内閣府(10億円×3年)沖縄県(60億円×6年)予算及び 
県内企業による民間助成、寄付も含め多くの資金が投入されており、 
多くの人々が子どもを取り巻く問題を解消するために取り組んでいます。 
しかし、取り組んだ事業成果は共有されず個々で解決に取り組んでいるように見えます。 

子どもの支援に取り組む団体同士だけでなく、課題解決に向けた行政や企業などとの連携が求められます。 
他分野にまたがるより深刻な解決の難しい個別のケースや制度の狭間にある課題の共有と政策提言など、 
資金、人が動き出している今、それぞれの成果を共有し継続した仕組みにするための連携が求められます。 
今回の地域円卓会議は、互いの団体が力をつけながら連携して子どもを取り組まく問題の解消に向けた基盤をつくることを目的に課題を共有するために開催します。 
※この地域円卓会議は、チャイルド・ホープ・アクション沖縄(通称CHAOチャオ)の旗揚げとして開催されます。 

■着席者 
・横江 崇氏 論点提供者 
 (弁護士,NPO法人子どもシェルターおきなわ理事長,CHAO代表) 
・秋吉 晴子氏(しんぐるまざぁず・ふぉーらむ沖縄 代表+CHAO代表) 
・上間 陽子氏(琉球大学 教育学研究科 教授)  
・喜舎場 健太氏(沖縄県 子ども生活福祉部 子ども未来政策課) 
・添石 幸伸氏(税理士法人添石綜合会計事務所 所長) 
・仲村 未央氏(沖縄県県議) 
・小阪 亘氏(公益財団法人みらいファンド沖縄 代表理事) 
その他調整中 

司会進行:平良 斗星氏(公益財団法人みらいファンド沖縄副理事長) 
記録者:宮道 喜一氏(NPO法人まちなか研究所わくわく事務局長) 

■開催日時 平成29年3月22日(水)18:30〜21:00(受付開始 18:00) 
■会  場 久場川児童館 (那覇市首里久場川町2-18) 
※駐車台数が限られているので公共交通機関などをご利用ください 

■参加対象 このテーマに関心のある方 
■参加費 無料 (寄付募集イベントあり) 
■申込先 office@machiwaku.com  
■定  員 50名 

■主 催 チャイルド・ホープ・アクション沖縄(CHAOチャオ) 
一般社団法人daimon/NPO法人子どもシェルターおきなわ/にじのはしファンド/しんぐるまざぁず・ふぉーらむ沖縄/ 
NPO法人沖縄青少年自立援助センターちゅらゆい/沖縄子ども総合研究所/社会福祉法人わかめ福祉会(久場川児童館)/ 
ももやま子ども食堂/サムガク沖縄校/NPO法人1万人井戸端会議/NPO法人まちなか研究所わくわく/公益財団法人みらいファンド など 

■共  催 公益財団法人みらいファンド沖縄  
特定非営利活動法人 まちなか研究所わくわく 
■協  賛 宗教法人真如苑、一般社団法人 全国コミュニティ財団協会 CIモデル事業 
入場無料 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- 
3、【講座情報】シングルマザーとして生きること
先月実施予定でした、この講座ですが、代表の秋吉の体調不良により延期とさせて頂きました。 
予定されていた方、大変申し訳ありませんでした。 
下記日程で開催致しますので、日程調整のうえ、ご参加よろしくお願いします! 

■講座「シングルマザーとして生きること」 
日時 3月24日(金)午後7時〜8時30分 
場所 なは女性センター 
講師 秋吉晴子(しんぐるまざあず・ふぉーらむ沖縄代表) 
対象 関心のある方 
定員 30名(事前申込み先着順) 


シングルマザーとして生きることは、社会的・経済的に厳しい選択となる可能性がある一方、
「自分で自分のことを決める」という原点に立ち返り、子どもと共に二人三脚で生きていくという建設的な選択となる面もあります。 
この講座では、結婚せずに子どもを産み・育てている方、破綻した婚姻生活にピリオドを打ち、
人生をやり直すチャンスとして別居や離婚を選択した方へ向けて、沖縄のシングルマザーの現状や公的支援制度などを紹介しながら、みなさんの悩みを共有していきます。 

あなたのご参加をお待ちしています(^-^) 

お問い合わせ先:なは女性センター TEL:098-951-3203/FAX:098-951-3204 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


終わりに
しんぐるまざあず・ふぉーらむ沖縄では、活動をお手伝いしていただける方を大募集です。
ひとり親に限らず関心をお持ちの方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

また、当団体のホームページ制作の準備をしております。
お近くの方でWEB制作に詳しい方がいらっしゃいましたらご紹介頂けると幸いです。
こちらもどうぞ、よろしくお願いします。

しんぐるまざあず・ふぉーらむ沖縄
Blog:http://smf-okinawa.org/          
Mail:info@smf-okinawa.org  
☆Facebookもやってます!

いつも皆様のサポートありがとうございます。
しんぐるまざあず・ふぉーらむ沖縄は行政からの助成を受けていませんので、随時ご寄附を募っております。
--------------------------
ゆうちょ銀行
店番708
普通預金 1781050
シングルマザアズ・フォーラムオキナワ
--------------------------
--------------------------
琉球銀行
店番201(本店営業部)
普通預金 1222923
シングルマザアズ・フォーラムオキナワ
--------------------------

また、ボランティアスタッフも募集しております。
活動に関心のある方、賛同いただける方、ぜひお声かけください。
より多くのお母さん、こども達が笑顔であり続けるために
引き続きご協力よろしくお願いします。

カテゴリ:- | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://smf-okinawa.org/trackback/168
トラックバック